福岡・東京で講師とコーチの資格が一度に取れるプログラムをご提供、企業研修もお任せ下さい。

マネージャほど難しい?

マネージャほど難しい?

こんにちは!

冨田由起子です。

東京の講座の中で

「質問」を取り扱った時のことです。

説明を聞いた段階では


「なるほど・・・」

「簡単そう~」

と皆さん思っていたのだそうですが・・^^

いざ、エクササイズに入った途端、

「難しい~!!」

「え~え~!!!」

などの言葉が聞こえてきました。


特に普段、教える仕事をしている方や

マネージャーとして部下の相談に乗っていたという方が

戸惑いを感じていたようです。^^


クライアントさんが話す内容を

抽象性なものを具体的にする。

コーチングでいう

「チャンクダウン」というもので、

塊を小さくするという意味です。

軽くウォーミングアップと思い、

言葉の塊をより小さく・・・

塊をくだいていく・・・


そんなイメージでしたが


ここで混乱されていました。^^


「コーチの質問は自分の為ではなく

相手の為の質問をする。」


この前提が

普段の生活にないことなので

難しく感じるのです。^^

私も最初にコーチングを勉強した時、

口に出す質問がことごとく、

自分の為、

自分が興味があること、

聞きたいことに終始していて・・・

どうしたらいいの~と戸惑いました。^^


そして・・・

先日のエクササイズでは、

「今まで、(相手ではなく自分の)

落としどころに向けて

質問をしてきました~」


という気づきもでてきました。

特にマネージャー層に多いようです。^^

まずは

気づく・・・

とても大切ですよね。^^


今日も素敵な1日に!







コメント


認証コード4584

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional