福岡・東京で講師とコーチの資格が一度に取れるプログラムをご提供、企業研修もお任せ下さい。

コーチングの3原則 インタラクティブ(双方向性)

コーチングの3原則 インタラクティブ(双方向性)

こんにちは!

冨田由起子です。



コーチングの3原則と言われるものに



インタラクティブ(双方向性)

オンゴーイング(現在進行形)

テーラーメード(個別対応)



があります。



今日はそのうちの

インタラクティブ(双方向性)

についてお伝えします。



私がコーチングを学ぶきっかけと

なったのが実は



インタラクティブに

興味を持ったからです。



講師になりたてのころ、

講師として参加者に行動してもらう

にはどうしたらいいのかを

模索していました。



そこで色々な講師の研修を

受講していたのですが



いつもと同じ内容の研修を

受講したにも関わらず

とてもワクワクと

行動したくなる気持ちに

なった研修がありました。



その研修を担当していた

講師が「コーチ」

だったのです。



考え方ややり方を

一方的に押し付けても

相手の自発的な行動にはつながらない

ものです。



従来の支配・従属的な

人間関係ではなく

どちらかが受け身になる

のでもなく

お互いに

能動的に関わり、協力することです。



協同的な人間関係を築く

お互いがパートナーとして

力を合わせて一致した

方向、目標に向けて進んで行きます。



また、人は自分が言ったこと、

自分が関わったことは

行動するものです。


※コーチングの3原則 関連記事はこちら

>「コーチングの3原則 オンゴーイング(現在進行形)
  
>「コーチングの3原則(個別対応)」



講師とコーチ説明会はこちらをクリック



コメント


認証コード4980

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional