人生100年時代、経験が要らない新しい『オンラインおうち仕事術』プログラムを提供しています!

日常会話から意識するコーチングの聞くとは

日常会話から意識するコーチングの聞くとは

こんにちは!

冨田由起子です。

先日、福岡にコーチング講座の

仕事で出かけた際に

ある方と話をしていました。

笑顔で話をしてくださって

いるにも関わらず・・・

会話をしている時に

なぜだか妙に圧迫感を感じ

居心地が悪くなりました。

圧迫感を感じるのは

なぜなんだろう~?

と思い・・・

せっかくなので

コーチングにおける「聞く」のポイントに

沿って考えてみました。

□ 相手に話させる環境を

 つくることに集中する。

□  話の先読みをしない

□  結論の先取りをせず、 最後まで聞く

□  口を挟まない

□  相手のノンバーバル(非言語)な

   情報を受け取る

   (表情・声のトーンなど)

□  タイミングのよい相槌やうなづきをしている

□  表情や目線で相手を安心させる・・・

□  沈黙を大切にする

□  質問をする

□  要約する

□  感情を込める

などがあります。

観察していると

今回の圧迫感は

相手のあいづちの

「間」の無さ(あいづちのタイミング)と・・・

「目線」

かな・・・ときづきました。

「~なんですよ。」

と話すと・・・

それに畳み掛けるように

(相手)「そうなんですよ!!」

(私)「それで~なんですよ。」

(相手)「そうなんですよ!!!」

これが何回か繰り返される

うちに圧迫感が・・・笑

「間」が無いと

こちらの言ったことを

受け取って貰っている感覚も

なく、

反射的に打ち返されているような

感覚に陥ります。

また、笑顔なんだけれど・・・

「目」が笑っていなくて

「凝視」されている・・・

日本人は凝視されるのは

苦手な人が多いので

さりげなく視線を外すことも

必要です。

バーバル(言語)だけでなく

ノンバーバル(非言語)が

相手に与える影響は大きいものです。

メルマガは登録はこちらをクリック

それでは今日も素敵な1日に!^^







コメント


認証コード4785

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional