福岡・東京で講師とコーチの資格が一度に取れるプログラムをご提供、企業研修もお任せ下さい。

インターネット教育 - 講師 コーチの資格取得プログラムを提供

トップ講師に必要なポイント講師が意識する承認力 > インターネット教育

インターネット教育

イングランドニューカッスル大学の教育工学教授が、
(スガタ ミトラ さん)

「子供は興味があれば学ぶ」

という考えのもと、
貧しいインドのスラム街のある壁にコンピューターを埋め込みました。

ゲームで遊ぶだけじゃないかと思われましたが
子供たちはゲームに飽きてGoogleにいきあたります。

Googleを通して子どもたちは「何か」を学んでいるのです。

子供たちは英語を話せないが、
直ぐに英語でブラウンジング(閲覧)するようになりました。


500メートル離れた村でも同様の実験をやったところ
「もっと高速なプロセッサーと便利なマウスが欲しいところだね」
と現地の子供に言われます。


10歳の子供にピタゴラスを調べさせると
30分で相対理論を理解したのだとか。

自主的に学べる環境は、
先生に教わるよりも重要だということがわかります。


日本では、インターネットは勉強が終わったら使っていいよ。
という位置づけです。


学びのツールとしてこれからは考え直すべきなのかもしれませんね。

大人たちも伝統的な教育にありがちな
トップダウン形式を繰り返すのではなく、

子供たちに「励まし」と「称賛」を与えるために存在すべきだと言っています。


具体的にはおばあちゃん方式といって、

後ろから、「凄いね~!どうやってやるの~?」
と応援するのです。

これは、こどもに限らずおとなも同じですよね。


企業研修で現場指導をする時も、
現場での承認がスタッフを成長させます。

急に現場の雰囲気が変わったので研修担当が何をやっているのか
本社からわざわざ見に来たことがあります。


おばあちゃん方式をやっていただけです。^^


話を戻して、
インターネットを使った「学び」は既存の教育を
根こそぎ変化させそうですね。



powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional