福岡・東京で講師とコーチの資格が一度に取れるプログラムをご提供、企業研修もお任せ下さい。

朝の時間の使い方 - 講師 コーチの資格取得プログラムを提供

トップ講師に必要なポイント講師の習慣・継続力 > 朝の時間の使い方

朝の時間の使い方

「早起きは三文の得」

とは言っても・・・・

ある調査では約15%の人が
「遅く寝て遅く起きる」方が自然な生活なのだそうです。


それでも、ひっくり返すと8割以上の人にとっては
朝型の方が幸福で健康に暮らせるのです。

早起きをすれば、幸福で健康に暮らせるだけでなく、
創造的な仕事もできます。


じゃあ、早起きするにはどうするのか?

  1. 早く寝る。
  2. 眠れない時は睡眠薬よりメラトニン
  3. 部屋は真っ暗にする
  4. 目覚ましが鳴ったらすぐに光を部屋にいれる
  5. 朝起きたらできるなら外に出て深呼吸
  6. スヌーズボタンを使わずに最初の音で起きる
  7. 寝室に花を飾る
  8. 壁の色を明るくする
     (細胞が活性化されエネルギーが生成される)
  9. ストレッチ
  10. 笑顔の練習
     (私はよく感謝のワークをします)

早く起きれないなら、

まずは一つずつ取り入れてみるといいですよね。



powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional